長野県立大学
三輪キャンパスMIWA Campus

長野市中心、善光寺・城山公園にほど近い三輪の地に、知の拠点として新キャンパスが誕生。学生同士や教員、地域住民との多様な交流を生み出すキャンパスです。

敷地概要

住居表示 長野県長野市三輪8丁目49番7号(長野県短期大学敷地)
敷地面積 約31,776㎡

建築概要

延べ面積 【新築:本館・体育館・図書館】約16,770㎡
【改修:既存北棟・既存図書館】2,840㎡
規模 地下1階 地上3階(一部4階)
構造 SRC造、体育館S造、基礎・地階RC造

現在 建設工事中(平成29年11月完成予定)

信州の気候・風土にふさわしい「サステナブルキャンパス」

四季の移ろいが明確で夏の気候が心地よい長野の風土を活かし、自然環境との親和性が高い、また寒い冬でも活発に利用可能な屋根の下の街のような全天候型キャンパスとしています。

三輪・後町両キャンパス建設について、長野県新県立大学施設整備事業として、国土交通省所管の平成27年度(第2回)サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)の採択を受けました。

様々な場所に様々な学びの空間を配置し、多様な交流が生まれる新しい学習環境を整備します

  • 教室だけでなく、キャンパス全体を学びの空間とします。
    講義室や演習室などを結ぶ共用空間【キャンパスコモン】で講義やプレゼンテーション、討議、グループ学習などを行い、多様な交流を生み出します。

  • キャンパス全体を見渡す吹抜けや、教室内が見通せるガラススクリーンにより、大学の多様な活動を「見える化」することで、学生・教職員の意識を高めます。
    一方で、県産材を使用した木質化によって、落ち着いた学習環境を提供します。

  • 周辺環境との調和、学びの環境、避難の安全性の観点から3階建てを基本とし、一部2・4階建てを組み合わせた施設構成としました。

アクセス

<アクセス>

JR長野駅下車乗り換え長野電鉄(乗車6分)「本郷」駅下車(徒歩10分)/ 長電バス(乗車15~20分)「城山団地」下車(徒歩5分)

キャンパス周辺をピックアップ!

4年間通うことになるキャンパスの周辺情報をご紹介します。市内中心エリアに近く自然環境も豊かなキャンパスです。
その周辺にあるオススメスポットをご紹介します。