健康発達学部
食健康学科(定員30名)

食を通じた健康に関する幅広い知見やグローバルな視野を持ち、栄養学を中心とした食物や人体に関する専門的知識・技術を修得し、倫理観やコミュニケーション能力を身に付けて、人々の健康やQOL(生活の質)の向上に寄与する食を通じた健康のプロフェッショナルとなる人材を育成します。

教育目標・ポリシー

教育目標

 食健康学科は、食を通じた健康に関する幅広い知見と、栄養学を中心とした食物(調理を含む。)や人の体に関する専門的知識・技術を併せ持ち、それらを総合的に理解して、倫理観やグローバルな視野も身に付けて他者と豊かなコミュニケーションを構築し、人々の健康やQOL(生活の質)の向上に寄与する食を通じた健康のプロフェッショナルとなる人材を育成することを目標とします。


アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 食健康学科の教育目標に共鳴し、挑戦する強い意欲を持って学ぼうとする次のような資質・能力を備えた者を求め、受け入れるものとします。
・人との関わりを大切にし、楽しく豊かな食を創造しようとする者
・人々の生命を支える食の営みを、科学的に探究することに情熱のある者
・管理栄養士としての専門性を生かして、長野県の健康長寿の発展に貢献したい者
・海外プログラムを通して、グローバルな視野を身に付け、社会で活躍したい者
・寮生活を通して、豊かな人間性と高い倫理観を身に付け、協働して目標を達成することを志す者
・栄養学の土台となる化学や生物などの基礎学力を身に付けている者


カリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)

 食健康学科は、ディプロマ・ポリシーに掲げる資質・能力を身に付けることができるよう、次の特徴を有するカリキュラムを編成します。総合教育科目において、英語力と教養を身に付けるとともに、専門教育科目において、栄養士免許、管理栄養士の国家試験受験資格のほか、栄養教諭一種免許状が取得できるよう系統的・段階的な履修ができる編成とします。
・自ら課題を発見して、科学的根拠に基づいた望ましい食を提案する力を醸成するための食の現状と課題について広く学ぶ教育プログラム
・専門教育科目における専門基礎科目と専門科目を系統的・段階的に配置して基礎と実践の関係性を重視する科目体系
・学生が主体的に学ぶ姿勢を培うための演習におけるディスカッションの実施や実験・実習の充実
・コミュニケーション能力やリーダーシップを涵養する科目の専門教育科目への配置
・論理的・科学的に考察する総合的な能力を高める卒業研究や、基礎的な知識・技術に基づいて実践力を高める総合演習
・即戦力となる能力を育成するための多彩な実習内容と時間を確保した臨地実習
・異文化体験による視野の拡大、国際感覚、主体的な行動力を育成するための海外プログラム
・教員と学生が一体となって、教育・研究に取り組むための少人数教育の実施


ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

 食健康学科は、教育目標を実現するために設けた所定の専門教育科目と総合教育科目を履修することにより、次に掲げる資質・能力を身に付け、所定の単位を修得した者に学位を授与します。
・専門的知識と技術を身に付け、論理的・科学的に考察する力
・人との関わりを大切にし、食を通して人々の健康を支える力
・生涯にわたり、主体的な学びを継続する力
・食文化や食習慣について探究できるグローバルな視野を持ちつつ、地域において食を通じた健康に関する活動を実践する力
・管理栄養士としての倫理観に則り、ミッションを達成できる力

カリキュラム例(管理栄養士養成課程の場合)

1年次 2年次 3年次 4年次
総合教育科目 英語
発信力ゼミ
情報リテラシー など
英語
など
   
専門基礎科目 健康発達概論
管理栄養士活動論
臨床医学概論
食品学
調理学 など
海外プログラム
食文化論
生化学
病理学
など
公衆衛生学
運動生理学
栄養疫学
など
 
専門科目 基礎栄養学
給食経営管理論 など
応用栄養学
公衆栄養学
臨地実習(学校給食センター)
など
臨床栄養学
栄養教育論
ゼミナール
臨地実習(病院)
臨地実習(保健所)
など
総合演習
卒業研究
など
1

総合教育科目 ○英語
○発信力ゼミ
○情報リテラシー など
専門基礎科目 ○健康発達概論
○管理栄養士活動論
○臨床医学概論
○食品学
○調理学 など
専門科目 ○基礎栄養学
○給食経営管理論 など
2

総合教育科目 ○英語
など
専門基礎科目 ○海外プログラム
○食文化論
○生化学
○病理学
など
専門科目 ○応用栄養学
○公衆栄養学
○臨地実習(学校給食センター)
など
3

総合教育科目  
専門基礎科目 ○公衆衛生学
○運動生理学
○栄養疫学
○など
専門科目 ○臨床栄養学
○栄養教育論
○ゼミナール
○臨地実習(病院)
○臨地実習(保健所)
○など
4

総合教育科目  
専門基礎科目
専門科目 ○総合演習
○卒業研究
○など

卒業後の主な進路(想定)

・行政機関(国、県、保健所、市町村保健センター等)
・医療機関(病院、クリニック等)
・福祉施設(老人福祉施設、児童福祉施設(保育所等))
・幼稚園、小・中・特別支援学校
・教育・研究機関(大学、研究所等)
・食品関連企業

取得可能な免許・資格

・管理栄養士国家試験受験資格
・栄養教諭1種免許
・栄養士